ボーリング上達 投げ方練習

ボーリング上達の投げ方練習

ボーリングの上達には当然のことながら練習が欠かせません。

 

しかし、必ずボーリング場に行かないと
上達するための練習が出来ないというわけではありません。

 

特に、投げ方の練習については、自宅でもどこでも
空いた時間に出来るので、是非継続してみましょう。

 

自宅で練習する場合は、出来ればボールを持つのと
同じ手にはほぼ同じ重さのものを持つようにしましょう。

 

マイボールを持っていればマイボールを。
無ければダンベルなどでも大丈夫です。

 

実際におもりを持った方が、バランスのとり方なども
分かりやすいので大変おススメです。

 

助走をする距離も3〜5歩と考えると
3メートル程度の距離があれば練習ができます。

 

ボーリング上達のために特に力を入れて
練習してほしいのが、最後の踏ん張りのところです。

 

ボールが手から離れる瞬間の動作になります。

 

右利きの方であれば、基本的には右手でボールを持ちます。
そうすると、左足で踏ん張ることになります。

 

この踏ん張りがうまく出来るかどうかによって
ボーリングが上達するかどうかが変わってくると思ってもいいくらいです。

 

ただボールを振り子運動で押し出すと
どうしても、コントロールが定まりません。

 

しっかり踏ん張りをすることで
ボールをしっかり押しだすことが出来るようになって、
細かいコントロールができるようになります。

 

それからフォロースルーと(ボールが手から
離れたあとの動作)も自宅で練習しやすいですね。

 

動きが止まってしまうとボールも止まってしまいますが
そのまま振り抜くことでスピードを出すことができるようになります。