ボーリング上達 投げ方

ボーリング上達の投げ方

ボーリングを真剣に上達させたいのあれば
ボールの正しい投げ方を覚えることが重要です。

 

まずは一連の流れをしっかりと覚えましょう。

 

実際にボールを投げる時にはボールを持った手を
後ろに引いてその反動で投げますよね。

 

この動きは助走をしながらの動作になります。
そして、この動作こそがボーリング上達と深く関係しているのです。

 

実際にボーリングをした時のことを思い出してみてください。
助走出来る距離は凄く短いです。
3〜5歩と言ったところでしょう。

 

ここでしっかりと助走。
その勢いのままボールを投げることができれば
それだけでも上達できるでしょう。

 

勢いを殺さないということですね。

 

助走で踏み込む時には一歩一歩を
同じテンポで前進することを心がけてください。

 

最初にどこに足をついて進むのかイメージ出来ていれば最高です。

 

意外と注意出来ていない人が多いのは、上半身の使い方です。

 

ボールを持っていないほうの腕は、バランスを取るのに使うので
持っていない手も大切な役割を果たします。

 

ただ体の横に置いておくだけではなく、
横に伸ばしてボールを持っている方の手とのバランスを取りましょう。

 

さらに上半身だけでなくて、下半身でもバランスが取れるように意識しましょう。

 

重心は下半身に置くように心がけて、助走の時は着地する足に
スムーズに重心が移動出来るようにしましょう。

 

投げたいと思っている方向をしっかり意識することも重要です。

 

視線だけでなく肩のラインも目的の方向に向けるようにしてみましょう。

 

それからボールが手から離れた後ですが
最後に着地した足でしっかりと踏ん張ることもボーリング上達には欠かせません。