ボーリング上達 持ち方

ボーリング上達と持ち方

ボーリング上達で大切なポイントとして
正しいボールの持ち方をマスターしましょう。

 

これが間違っていると、どうしてもうまくなることはできません。

 

あまりご存知ないかもしれませんが、
実は持ち方にはいくつか種類があります。

 

初心者の人は最も有名なコンベンショナルグリップから覚えましょう。

 

これは、はじめに2つ並んでいる穴に中指・薬指を
第二関節まで入れて握るように持つ方法です。

 

ボーリング上達のためには、この基本の持ち方から始めましょう。
人差し指は若干開くイメージでボールに添えるようにしましょう。

 

それぞれの指に与える負担が小さい持ち方ということもあり
ボーリング上達のために練習時間を長く取りたいという方にもおススメです。

 

他にもセミフィンガーグリップ、フィンガーチップという持ち方もあります。

 

セミフィンガーグリップは中指と薬指を第一関節と
第二関節の間までしか入れないので、軽い感じで投球することができます。

 

そのため、コントロール重視の上級者の人が好きな持ち方になります。

 

また、ボーリングが上達した方に好まれているのはフィンガーチップという持ち方です。
これは、中指と薬指を第一関節まで入れて持つ握り方になります。

 

ただ、この持ち方はどうしても指や手首に負担がかかり過ぎるので
長時間の練習には向きません。

 

持ち方は、色々と種類がありますが
始めは、基本の持ち方はマスターするようにしましょう。

 

基本的な持ち方をマスターしなければ
他の持ち方をするのは、困難でしょう。