ボーリング上達 マナー

ボーリング上達とマナー

ボーリングの腕を上達させたいという気持ちは大切ですが
どんなにたくさんのストライクが取れたとしても
マナーがなっていなければ周りからの評価が悪くなっていきます。

 

周りからの評価が悪くなると、練習がしづらくなりますよね。
楽しくボーリングをするためにも、腕の上達の前にマナーを覚えてしまいましょう。

 

ボーリング場は1レーンだけではありませんよね。
となりのレーンや、他のレーンでもプレイしている人がいます。

 

上達のためには練習をしますが
友達と一緒に練習をするという人がほとんどではないでしょうか。

 

この時、無駄に大きな声で騒いだりすると
周りの迷惑になりますから、気をつけましょう。

 

それから、助走をしたり投球をするのに利用する場所を
アプローチと呼びますが
投球が終わったら、速やかに移動するのがマナーです。

 

いつまでもここに立っていると隣のレーンの人にも迷惑です。

 

ボールやシューズをレンタルする場合は
決められた使い方をすることが大切です。

 

例えば、自分で元の位置に戻さなければならないボールを
自分が使ったレーンに置きっぱなしにする人も多いようです。

 

ボーリング上達のためには、何度も練習に通う必要があります。
おそらく、決まったボーリング場になるでしょう。

 

当たり前の話ですが、そこで働いているスタッフの人に
嫌われるような行動は止めましょう。

 

それからアプローチ上に物をこぼしたりしないように注意してください。

 

ここは助走に使う大切な場所です。

 

何か物をこぼして、滑りやすくなったり、
逆に滑りにくくなることは絶対に避けましょう。

 

技術をつける以前の問題ですので、しっかり覚えておきましょう。